中国語の翻訳家になるには様々な経験をして視野を広げることが大切

サイトマップ

翻訳ならお任せください

WHAT'S NEW

十人十色の中国語翻訳業務

人影

最近はさまざまな中国語翻訳が存在しますが、そういったところを利用するときは、自分が行う業務に使えるかどうかを判断することが大切です。それを怠ると役に立たない中国語翻訳にお金を払うことになってしまいます。事前に自分の状況を見極めて、それを業者に相談していくようにしましょう。

インターネットの普及により、近年、中国語の翻訳の仕事は急激に増えています。ビジネスレター、契約書、履歴書、商品の取扱説明書、各種論文、ニュース記事、映像、IT関連、出版など、内容も多岐に渡っています。語学への関心の高まりに比例し、中国語の翻訳業務に取り組む人材も充実してきました。
しかし、日本語のライティングと同じように、同じ内容の翻訳でも、訳す人により、その印象は大きく変わってきます。身近な例では、書籍の翻訳がその最たるものではないでしょうか。「読みづらい…」「日本語が片言のように感じる」「堅苦しい表現ばかり」というマイナスの印象を受ける場合もある一方で、「ぐいぐい引き込まれる」「翻訳書を読んでいる気がしない」「状況が目に浮かぶようだ」など、プラスの印象を持つこともあるでしょう。原書の著者から、「まったく違う本が出来上がってしまった」とクレームが入ることもよくあるようですね。
翻訳は、言語から言語への単なる語句の移し変えではなく、原文の印象、込められた思いなどを汲み取り、読み手に伝わりやすく表現する力が不可欠だと思います。そのためには、取り組む分野のニュースや書籍、新聞などの活字に日ごろから触れておくことや、さまざまな経験をして視野を広げておくことが大切でしょう。中国語の翻訳業務は、担当する人の人間性が表れる仕事だと言えるのではないでしょうか。

翻訳の仕事はアジア圏の言語の仕事もある

語学留学をする若い人たちが増えていますが、人気となっているのは英語圏であり、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスといった国が選ばれていますが、最近では短期で日本に近いフィリピンで英語を学ぶ人たちも増えています。
あるいは親の海外勤務や国際結婚といった要素からバイリンガルな人たちもいて、日本語以外の言葉を問題なく流暢に話すことができる人たちも多くなっています。そのような人たちは自分の習得した言語能力を活かした仕事がしたいと思っていて、その1つになるのが翻訳ということになります。翻訳の仕事というのは簡単なネット記事の翻訳もあれば、本格的なものまで様々です。英語そして中国語、スペイン語といった言語が世界では多く話されているので、これらの言語への翻訳の仕事が多いのは確かです。
とはいえ、最近はタイ語やインドネシア語、そしてベトナム語といったアジア圏で日本とのつながりが強い国の言葉への需要があり、そういた言語を翻訳できる日本人がそれほど多くないという現実があるので、これらの言語ができるとチャンスでもあります。そして翻訳の仕事はインターネット上で探すことができますし、求人サイトをチェックすることができるでしょう。

自動翻訳の可能性について

自動翻訳の可能性について、皆さんはどのようにお考えでしょうか。私もここ1年から2年の間に自動翻訳のシストならかなり進んでいることを展示会や実際に体験できるツールで感じてきました。そもそも音声認識のシステムや翻訳の精度はどんどん上がっている事は言うまでもありません。そして、驚くことに英語や中国語だけではなくあらゆる言語がほんやくの対象となりつつあるのが驚きです。
これからの日本にとっては、2020年かけて温泉万人この海外からのお客様を迎えるにあたり、もちろん英語力を身につける事は当たり前のことですが保管するもの、もしくは当たり前にシステムとして自動翻訳が使えるようになってこそほんとに観光立国と呼べるようになるのかもしれません。実際に歴史案内をするようなご年配の方に対し突然英語をマスターせよといっても難しい話です。また英語よりも中国語や韓国語の方が求められる時代がくるかもしれません。このなってくると1番重要なのはシステムで日本語を簡単に多言語に変換、逆に多言語を日本語に瞬時に変換することができる自動翻訳システムになってくるわけです。
実際に現地下見はありますので後はどれだけ精度を上げることができるかがポイントになってくると思います。

NEW POSTS

一覧へ

Copyright © 2016 中国語の翻訳家になるには様々な経験をして視野を広げることが大切 All Rights Reserved.